sitecopyを使ったwebpageのupdate

Aliceにはapacheもinstallしてあって家庭内LAN上のPCからAliceのwebを
見ることができます。
そこにはInternet上で公開しているこのpageのcopyも置いてあります。

RIM NET上の自分のwebpageを更新するのに今まではRIMのhostにloginして
直接fileを編集していたのですが、RIM NETもshell serverとweb server
が別れてしまったので、localで編集してftpで更新するようになりました。

で、いちいちftpしてputやgetするのは面倒なので何かいいsoftがないかと
思い見つかったのがsitecopyです。
他にもmirrorやftpmirror、rsyncなどいろいろあるようですが、webの更新
といった目的にはsitecopyはお手軽でいいと思います。

1)sitecopy-0.9.0.tar.gzをgetして展開しmakeする。

$ tar zxvf sitecopy-0.9.0.tar.gz -C ~/src
$ cd ~/src/sitecopy-0.9.0
$ ./configure
$ make
$ su
# make install

2).sitecopyrcを作る

ちなみにRIM NETの場合次のようになります。

--------------------------------------------------------
site rim
	server april.on.rim.or.jp
	ftp nopasv
	username shioji
	password hogehoge
	remote /public_html
	local /home/shioji/public_html
	exclude count
	permissions all
--------------------------------------------------------

.sitecopyrcのpermissionはpasswordも書かれているので600にしておきます。
あと、.sitecopyというdirectoryもpermissionを700で作っておきます。

ftp nopasvを指定しておかないとpermissionを変更できずerrorになります。
excludeには更新したくないfile名を書いておきます。
上の場合だとアクセス数が書かれたfileは当然localとremoteでは違うので
更新しません。
permissionはcgiとかもあるのですべてlocalでテストしてうまくいった
permissionでそのままuploadするようにします。

3)web contentの作成と更新

ここまできたらweb contentを作り、最初に
$ sitecopy --init rim
でイニシャライズしたあと、以後は
$ sitecopy --update rim
で更新します。